鳥取県農業共済組合 【呼称 NOSAI鳥取】 

畑作物共済

対象となる作物

 大豆、そば

 

加入できる農家
  • 大豆:類区分(注1)ごとに栽培面積が5a以上の農家

 (注1)類区分・・・1類:白大豆 2類:丹波黒 3類:丹波黒以外の黒大豆

  • そば:栽培面積が5a以上の農家
     
対象となる災害

  風水害、干害、冷害、雪害、その他気象上の原因(地震・噴火を含む)による災害
 火災、病虫害および鳥獣害


 

引受方式

対象作物 引受方式 内容
大豆 半相殺方式 農家単位で、減収量(基準収穫量-収穫量)の合計が、
その農家の基準収穫量の2割を超えた場合に共済金を支払う
全相殺方式 農家単位で、減収量がその農家の基準収穫量の1割を超えた場合に
共済金を支払う
一筆単位方式 耕地単位で、被害耕地の減収量がその耕地の基準収穫量の3割を
超えた場合に共済金を支払う
そば 全相殺方式 農家単位で、減収量がその農家の基準収穫量の2割を超えた場合に
共済金を支払う

 

※全相殺方式への加入は、収穫量の相当部分を客観資料によって適切に確認できる農家に限定されます。

 
 

補償期間(共済責任期間)
  • 発芽期から収穫までの期間

 

共済金額
  • 半相殺方式

 単位当たり共済金額×基準収穫量(注2)×8割

  • 全相殺方式

 単位当たり共済金額×基準収穫量(注2)×9割(そばは8割)

  • 一筆単位方式

 単位当たり共済金額×基準収穫量(注2)×7割


(注2)基準収穫量=10a当たり基準収穫量×栽培面積

 
 

共済掛金

 農家負担共済掛金=共済金額×共済掛金率×45%(注3)

  (共済掛金率は過去20年間の被害率をもとに定められ、3年ごとに見直されます)


 

(注3)掛金の55%を国が負担しています

 
 

共済金

 共済金=単位当たり共済金額×共済減収量(注4)

 

(※4)共済減収量

  • 半相殺方式の場合

 共済減収量=(被害耕地ごとの減収量の計)-(引受耕地ごとの基準収穫量の計)×0.2

 

  • 全相殺方式の場合

 共済減収量=(農家の減収量)-(農家の基準収穫量)×0.1(そばは0.2)

 

  • 一筆単位方式の場合

 共済減収量は被害耕地の共済減収量の農家合計
 被害耕地の共済減収量=被害耕地の減収量-同耕地の基準収穫量×0.3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る