鳥取県農業共済組合 【呼称 NOSAI鳥取】 

家畜共済

対象となる家畜

 

種類    乳牛の雌等   肉用牛等
・乳用成牛
・乳用子牛等
・肥育用成牛  
・肥育用子牛
・その他の肉用成牛
・その他の肉用子牛等  
・種豚  
・肉豚

 

牛  … 原則として、出生後の牛および
               授精もしくは受精卵移植の後240日以上の胎児

種豚 … 出生後第5か月の月の末日を経過したもの

肉豚 … 出生後の第20日の日(その日に離乳していないときは、離乳した日)から
     出生後第8か月の末日までのもの

 

 

対象となる事故

死亡、廃用、病気、傷害、盗難(牛の胎児および肉豚については死亡のみになります

 

引受方式
  • 包括共済:家畜の種類ごとに農家単位で引受

 

  • 個別共済:種雄牛について1頭ごとに引受

 

  • 特定包括共済:肉豚について年間一括で農家単位で引受

 

共済責任期間(補償期間)
  • 共済掛金納入の翌日から1年間

 

共済金額(補償金額)
  •  対象家畜の種類ごとの評価額合計(共済価額)の3割から8割の範囲で選択

 

 共済掛金

共済掛金=共済金額×共済掛金率

 

(共済掛金率は原則過去3年間の事故率をもとに算出され、3年ごとに見直されます)

 

  • 牛:掛金の半分を国が負担
  • 豚:掛金の40%を国が負担

 

共済金
  • 死亡・廃用事故

   共済金=損害額(注1)×(共済金額/共済価額)

  
   

   (注1)損害額=事故家畜の価額ー肉皮等残存物価額

 
 

  • 病傷事故

   対象家畜ごとに定められた病傷給付限度額の範囲内で、診療に要した費用(初診料は除く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る